今日はあったかい1日でしたね〜☀️

春を感じれましたがこれからあいにくの雨続きという事で、、
雨も必要‼️
どうも人参くん🥕です
さあさあ!
本日は大根の煮崩れしにくい炊き方について
綴りたいと思います🖋
おでんや煮込みを作る際大根が崩れるのが嫌‼️
という方もいらっしゃるでしょう☝️
でも大丈夫🙆‍♂️
このやり方を取り入れてみて下さい✨
大根はまずお米のとぎ汁や玄米と湯がくのがポイントです❣️
肝心なのは「火加減」です🔥
大根は水から炊いていきますが
どんどん温度が上がり沸騰してしまうと
どうしても煮くずれてしまいます。。
いったん沸騰したら火力を中火に落とし
ポコポコと沸く程度で炊いていきます🍲
この段階で火を止めたとしても温度は100℃近い状態
あとは火を止めて温度が下がるまでおいておくだけでいいのです‼️
ある程度温度が下がったら
一旦熱湯を入れたボウルに上げます🥣
間違っても冷水に取ったりしないこと
せっかく柔らかくなった表面が急激に冷やされて固くなるからです☝️
引き加熱を使う事がポイントです❣️
余熱をもっと積極的に使うことを「引き加熱」と呼んでいるそうです。
大根をゆでる場合100℃の状態で火を止めたとしても80℃、70℃、60℃、50℃と温度はどんどん下がりながらその間も熱は大根に入っていきます🔥
常温まで下がっていく「引き加熱」によって、大根は芯までやわらかく火が入っていくのですね❣️
みなそんこの湯がき方は使ったことありますか❓
是非煮崩れで悩んでいる方は試してみて下さいね✨

フォロー、チャンネル登録お願い致します👨🏼‍🌾

【YouTube】

【Facebook】

【Instagram】

【Twitter】

TOPへ戻る