大阪府堺市

自然科学農法農園GRIMBO

地方公務員の電気技師で廃棄物の物理的処理、化学的処理、生物的処理関係の仕事を専門に定年まで勤めました。 安全安定的に処分する側から安全安心な野菜を生産する側へ長年養った知識を応用して地球上で農耕が始まったころの様な農法を実践するため、準農家資格を得て約2千㎡の耕作放棄農地を借り2014年から慣行農法に負けない収量と品質で安全安心+αの野菜生産を目指して試行錯誤しながら少量多品種野菜専門農業に勤しんでいます。

生産者のこだわり

自然科学農法

農耕創成期なら無化学肥料、無有機肥料、無農薬、無獣糞、無鳥糞、無堆肥であることは当然なのになぜできたか?山野草は痩地でも繁茂できるのはなぜか?植物の生息の基本について最新の科学的知識を得る必要がありました。 そして植物は、例外なく多種多様な土壌生物(微生物を含む)とかかわることで生存していること、中でも特に菌根菌との共生関係が重要であることを自然科学の研究論文や知見により知ることが出来ました。 「自然環境を畑に持ってくるには」=「菌根菌が育つ畑にすること」そうすれば「菌根菌が野菜を育ててくれる」だから私は「土壌微生物多様性を確保出来る畑を維持管理すること」に至り、自然科学の明確な "evidence"を持った農法と考え「自然科学農法」と呼ぶことにしました。

農業を始めた当初と現在の変化

私は、元来技術屋なので自動化出来、服が汚れない等スマートな農法である養液栽培で農業やると決め、実験設備を製作し3年ほど実践した結果、自動設備の維持管理問題、使用済み養液の処理問題と量削減問題等々厄介な問題点が見えてきました。スケールアップすると問題もスケールアップする、正に当時の本業である安全安定処理の仕事内容そのものでした。生産と廃棄物処理に消費するエネルギー量は収穫野菜の量や品質とバランスとれるのか?更に、100%化学肥料で育った無農薬とも言えない養液栽培野菜は、食の安全面からこれでいいのか?と悩みだしたとき農耕創成期はどうだったかに思い至り「自然科学農法」にたどり着きました。 6年間の実践を経て「自然科学農法の畑づくりは」と聞かれたら、今は「活性土壌でキノコが生える畑にすること」と答えます。ただしだまだ問題点疑問点も多く試行錯誤の毎日ですからこの先答えが変わるかもしれません。

見た目も味も+α成分濃度や効能も化学肥料や農薬を使った慣行農法で育てた野菜と同等それ以上のものを目指すこと。

慣行農法で昔からよく聞く話に「味に敏感な人は、野菜から化学物質の味を感じる」「えぐ味等の嫌な味を感じる」とか、これは化学肥料や農薬の残留化学成分が原因だとよく言われています。又、接ぎ木苗を使うと台木品種の味が混じると聞いたので全て種から育てることにしました。 「ピーマンを食べなかった子供が食べた」「キュウリを食べなかった子が食べるようになった」とかの連絡をもらうと「この農法でよかったんだ、間違ってなかった、やってよかった」と確信するとともに嬉しくなり遣り甲斐になっています。 そしてこの農法で農業をする人が増えることを願っています。

この生産者の商品一覧

TOPへ戻る